注意点がある|tbcの口コミをチェックしよう!エステの評判案内

予約日に施術を受けたいなら注意事項を守るべき

注意する意義

脱毛をするといっても、個人差により10日間でムダ毛が抜け落ちたり、1カ月経っても効果が現れなかったりします。しかし、焦って禁止されている行為をすると2回目以降の効果を無効にさせてしまうので、注意事項は守るように徹底するべきです。

脱毛前後のケア方法

日焼け対策

日焼けをしない対策として傘を差したり、日焼け止めクリームを塗ったりすることが考えられます。他にも、日焼けを回避してくれるビタミンAやビタミンBが多く含まれた食べ物を食べるといいでしょう。それだけでも対策になります。

ノンアルを飲む

仕事のストレスを発散させる方法としてビールなどのお酒を飲まないとやっていられないという方が多くいます。しかし、脱毛をする前日は飲むことができないので、ノンアルのビールで気を紛らわせるといいでしょう。

予約を朝方か夕方にする

夏になるとどうしても汗をかいてしまい、自分の臭いが気になってしまいます。しかし、制汗剤を使ってしまうと脱毛の効き目が薄くなってしまうので、汗をかきにくい時間帯を選ぶと臭いを気にすることなく施術を行なうことができます。

10日間は我慢

脱毛をすると早ければ10日前後でするするとムダ毛が落ちてきます。しかし、それだけ待っても効果が得られないようなら、しっかり保湿を行なう必要があります。

注意点がある

脱毛

日焼けは禁物

日焼けという症状は、皮膚が火傷しているといっても過言ではありません。そして、火傷をしている皮膚に強いレーザーを当てると当然ながら火傷が悪化してしまうことになるので、全身脱毛を福岡のエステで受ける際は日焼けに注意しましょう。

体温を上げない

好きなアルコールを飲酒したり、運動をしたりすると体がほてった状態になります。その中で全身脱毛をしてしまうと火傷の危険だけでなく、体調を損ねてしまう可能性が出てきます。

体調が悪い時は注意

脱毛を行なう場合は、必ず健康状態が良い時に行うようにしましょう。体調が優れない状態で行なうと、脱毛機器の光やレーザーに反応して、肌の状態が悪くなったり、体調が悪化する場合があります。

毛抜きはダメ

全身脱毛をしても1回目だとすぐに効果が合わられずにやきもきしてしまいます。だからといって毛抜きでムダ毛を抜いてしまうと炎症性色素沈着という状態になり、ダメージを受けやすい肌になってしまうので、絶対に止めましょう。

妊娠中は施術ができない

福岡のエステのみならず、どこのエステに行っても妊娠中は施術をしてはならないという決まりになっています。レーザー治療自体は害はないのですが、時に陣痛を促してしまう危険性があるため、全身脱毛は控えた方がいいでしょう。